副業をするとなれば、いろいろと準備が必要になってきます。
場合によっては技術や知識習得のための、学習期間を要する場合もあります。
そのためにセミナーや講座などに通わなければならない場合もあります。
要するに、初期投資が必要なわけですが、全ての副業がそうだと言えば、話は別です。

中には、何の準備も必要なく、始めたいと思ったその日から始められるものがあります。
その筆頭的な例が、せどりです。
せどりは、自分で品物を仕入れてきて、それを様々な手法を用いて販売する副業のことで、誰にでも参入可能です。

さて、そんなせどりですが、始めるにあたっては、大前提として何を商材として取り扱うか、を考えておかなければなりません。
一番いいのは、自分が興味があり、業界の値動きにも詳しいような商材が望ましいです。
例えば、スニーカー。スニーカーには、単なる靴としての価値だけではなく、コレクションとしての付加価値も内包されています。
人気の高いスニーカー(ジョーダンやエアマックスなど)になれば、プレミアがつき、定価をはるかに上回る額で取引されます。
そのあたりの知識に長けている人であれば、スニーカーを商材として取り扱うことで、それなり位の利益を上げることができるでしょう。

最近では”スニーカー投資”という言葉が生まれるほど、世界的に盛んに行われているせどりの手法になります。
しかもスニーカーの場合、割と簡単に仕入れることが可能です。
皆さんがお住まいの地域にも、衣類専門のリサイクルショップがあるかと思います。
そこに足を運んでみると、驚くほど状態の良いスニーカーが、破格の値段で販売されていることに気づくでしょう。
汚れがあるものの、状態としてはまだまだ履ける、といったようなものが、多く販売されているのです。
そこから、売れる商品を見極めて仕入れるというのは、まさにせどりの醍醐味です。

売れる商品(お宝)を目指して、各地のリサイクルショップ巡りをするのも楽しいでしょう。
もちろん、移動費や交通費がかかってくるので、遠征をする際には、確実に結果が残せるように準備をしておく必要があります。
具体的には、セールが行われているときだけ遠征をする、といった感じです。
とまあ、いろいろと考えなければならないことがありますが、最初にも述べた通り、始めるにあたっては何の準備も必要ありません。

せどりはとにかく実践あるのみ。それが、経験となり、継続的な利益につながっていくのです。